2017年7月21日 (金)

バラとセミとオベリスク

オベリスクに止まって鳴いています

20170721_1_1
虫の声もクマゼミは騒音のレベルですbearing

20170721_1_12

レイニーブルー
20170721_1_13
撮影日 2017年7月21日

2017年3月 5日 (日)

愛犬 空(クー)の死・・と・・新いい命・・・

在りし日の面影20170305_1_1_2
20170305_1_12
9歳で逝きました。

 

1月5日突然ヘルニアの症状、後ろ足が麻痺・・・

 

あわてて病院へ、お医者さんに勧められて針治療

 

・・・・・・・

 

1月19日、今度は私が急性出血性胃潰瘍で吐血・・・

 

救急車で病院へ、そして入院・・・・(まいった。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。)

 

女房の介護もあるし、クーの治療も・・・

 

先生にお願いして1月21日と22日の1泊2日の外泊許可(先生は嫌な顔してたけどね( ̄Д ̄;;)

 

そして、22日の朝・・・クーの様子がおかしい・・・・

 

ぐったりしている・・・夕方まで様子をみながら・・・・

 

そして私は午後4時に病院へ・・・・午後6時頃、女房から電話・・クーが死んだ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;ω;)

 

悲しい・・・・寂しい・・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;ω;)

 

1月25日、先生に無理を言って退院・・・・・

 

家に帰ってもクーの話ばかり・・・・

 

気持ちを少しは前向きに・・・・そして迎えた新しい命(◎´∀`)ノ

20161227_1_13
名前はLuke(ルーク)と言います。トイプードル♂

 

今はやんちゃ坊主に振り回されています。

 

ちなみに、私の急性出血性胃潰瘍は明日6日最終検査、胃カメラを飲みます。

2016年10月30日 (日)

蜘蛛の糸

蜘蛛の糸20161030_1_1

20161030_1_12
撮影日 2016年10月29日

2016年8月29日 (月)

手術痕

整形外科の先生からレントゲンのコピーを貰いました。
こんな金具が入っていたら、痛いよねweep
20160829_1_1

先週リハビリ棟に移って、毎日マッサージを受けています。
痛みは治まってきたみたいですが、退院はまだまだ先のようです。

傷跡
20160829_1_12

2016年8月 5日 (金)

手術

更新できない日々が続いています。

いつも、「ポチッと」、「いいね」、して下さる皆さん申し訳ないo(_ _)oペコッ

今日、手術です、ギブスが出来ないので、骨を金具(ボルト)で固定するそうです。

先週の土曜日から一週間、痛い痛いの日々が続いていますがもう少しの辛抱です。

2016年7月25日 (月)

あれっ・・・

7月24日、少し早起きして室見川河口へ日の出sunを撮りに行く予定・・・・
天気予報を調べたら一日中曇りcloud・・・予定を変更、でも・・・あれっ・・・

北東の空(5時30分頃)
20160724_1_1

南東の空20160724_1_12
これって晴れsunだよね、早起きして自分で確かめないとダメだね。

撮影日 2016年7月24日

2016年7月 2日 (土)

一億総活躍社会

現在、日本の総人口は1億2700万人。

老人と子供を除く全員に働けということでしょうか?

少子高齢化社会、働き手が少ないので女性にも働けということでしょうか??

完全に男女平等な社会であればそれもいいでしょう。

でもね、子育て、介護、家事全般は女性の仕事というイメージ(それが現実)です。

男どもの勝手な言い分でしょう、違うかな・・・・

少子高齢化っていうけど、戦後、「産めや殖やせや」は国策だったんでしょう。

それが今の高齢化社会。

俺の時代は(昭和24年生まれ)子供の数は3人位が普通だったかな。

みんな貧乏だったけどそれなりに楽しくやっていた。

今、又、「産めや殖やせや」・・・・だったら女が安心して子育てできる環境整備が先でしょう。

家庭にいて女は働いていないとでもいうのか(怒)

亭主の給与を子供3人くらい楽に養える程度に上げろ。・・・・。。。。

ねぇ~安倍さん


10年来、認知症の母親と脳内出血で左半身麻痺の妻、二人を介護してきて、女性の大変さを経験した男の意見です。

2016年6月29日 (水)

おいおい・・・

我が女房殿は外では車椅子生活、家の中では左足に装具を付けてなんとか自立歩行。

でも時々転ぶ、転んだら一人では起き上がれない・・・困ったもんだ・・・

最近、福岡は雨、雨、雨の毎日 なかなか気晴らしに外出ができない

一昨日、「おい、気晴らしにデパートにでも行ってみるか」

「うん、行きたい」

「よし、・・・車のトランクに車椅子を積んで(これが電動車椅子で重さが20キロ超え、積み下ろしが大変・・・)いざ出発。

「ズボンが欲しいんだよね、」

「おぅ・・買ったら」

デパートに到着、時々来ている顔なじみの専門店に・・・・

「本屋に行ってくるから、どの位で戻ってきたらいいい」

「30分位かな」

「わかった」

30分後

「このズボンとこのTシャツ」

「おい、ズボン小さくないか・・・???」

「大丈夫、LLだから」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

(心の声)何時もお風呂で女房の体を洗っている俺の方がわかっていると思うが・・・以前お風呂場で「お前もう少し痩せたら、と言ってひどく嫌な顔された」


(心の声)「まぁ~いいか・・・」

ありがとう、女房の笑顔happy01

翌日の朝

「パパ、あのズボン小さいわ・・・・」

・・・おいおい・・・・

1時間程無言でテレビに集中しているふり・・・・

(心の声)「ほらみろ・・・・少しは腹を引っ込めろ・・・pout

「昼から交換に行くか」

「うん」

(心の声)「これから俺の言うことを聞け・・・」

2016年6月23日 (木)

答えは見つからない

蠅、ゴキブリ、蚊、ネズミ、・・・・・最近は熊・・・・

人間にとって好ましくない害虫と凶暴(・・・???)
な動物たち・・・

人間至上主義、なんか変・・

命って何なんだろうね・・・

人間の命が一番大切で、他の命は別なんだろうか??・・・・

人間だって誰が書いたか知らないがDNAの配列が少し違うだけだろうに・・・

宗教って幸せを願ってのことだよね・・・違うかな・・・??

 

宗教戦争って何なんだろうね・・・・

人間はそんなに一番か????

 

受精したときオタマジャクシから始まって十月十日、子宮の中で変身を繰り返しながら生まれてくる。

で、あれば全ての命を守るのが人間の生きる意味では・・・・・・

答えは見つからない・・・・・

2016年6月 8日 (水)

あの時(その3)殺人・・・

32年前の6月7日、親父が脳内出血で倒れた。

当時、定年は55歳が一般的、親父も長年勤めた会社を55歳で定

年退職、第二の人生で家の近くの小さな工場に勤務。

60歳を過ぎて慣れない職場に疲れたのでしょうか、5年間務めた

会社を5月31日に退職。

年金を貰いながら悠々自適な生活を夢見ていた事と思う。


私は33歳で結婚、35歳で妻の妊娠、これを機に同居を決意し家を

改築していた。

息子夫婦と同居、孫の誕生・・・・楽しみにしていた。


そんな折、退職後1週間・・・おふくろと台所に立って昼食の後片付

け、その時急にめまいに襲われたらしく、「お母さん・・お母さん・・・」

と言いながらそのまま昏睡状態・・・

おふくろから連絡を受けた私は急いで病院に駆けつけ、親父の所へ、

大いびきと、しゃっくりの繰り返し、大声で親父を呼んでも反応なし・・・

その日は妹(2人)に連絡、二人とも神奈川県に在住・・・・

その夜はおふくろと二人で親父に付き添い・・・・何を話したか全然

記憶にない

親父の様態に変化なし。

午後、妹が病院に到着、一時(いっとき)親父の様子を見た後、

妹2人に「今晩は俺が親父の傍に居るからおふくろを頼む・・・」

3人を家に帰し、その夜は親父のベッド横に布団を敷いて大いびき

と、しゃっくりの繰り返している親父の足を摩りながら、昔話をしながら仮眠・・

翌日9日、様態に変化なし。


夕方、私だけ主治医の先生から呼び出されて、お父さんは脳死の状態です。

「今は人工呼吸器で心臓を動かしている状態です、このまま付けて

おくこともできますが・・・どうなさいます????私は今日当直です

から決まったら連絡下さい・・・」

その夜、先生の所へ行って、「家族に分からないように外してください。」と

お願いし、その夜も私一人親父の枕元で・・・。殺人・・・なのかなぁ~・・

でもなぁ~・・・


翌朝、9時頃、おふくろと妹にバトンタッチ・・・仮眠を取りに家路につく途中

大潮だったのか博多湾に近い支流の水が引いて底が見えていた。

人が生まれる時は満潮、人が死ぬときは干潮・・・どこかで聞いたことあるなぁ~

なんて思いながら、家について布団を敷いたところで、電話、リ~ン リ~ン

妹から、お父さんが死んだ・・・・

 

後日談、葬式も終わって、49日の法要の最中妻が急にお腹が痛い

と言い出して、自分一人で産婦人科へ・・・・予定日より2か月早く出

産・・女の子。

 

親父も逢いたかっただろうな。。。。

より以前の記事一覧